チャンピックスは理想的な禁煙治療薬です。

昔から健康被害に影響があり、心筋梗塞や肺がんなどの原因の一つともされているのが喫煙です。
喫煙者が、自分の責任で病気を引き起こすだけならまだしも、10年程前から喫煙者が出す煙を吸う事による、健康被害の受動喫煙の問題も重要視されて、喫煙者の肩身はどんどん狭くなっています。
今では公共施設で喫煙する事は、殆ど出来なくなっていますし、ポイ捨てなどのマナーにしても世間の目は厳しくなってる事に加えて、増税によるタバコの値上げなど、喫煙者にとって何もいい事の無いタバコですが、確かに値上げを機会にして禁煙を始めている方の話もよく聞くようになりました。
私自身も過去に何回も禁煙に挑戦して、途中で挫折したり、何かのきっかけで再び喫煙するようになっているのですが、このまま自分の体をニコチンや化学物質で不健康にして、健康的だけではなく金銭的にも悪影響を及ぼすタバコと一切縁を切る為に頑張ろうと思い、色々とネットなどで情報収集してみた所に、とても魅力的な禁煙治療薬の情報を見つける事が出来たのです。
私が魅力的に感じて試してみようと思っている禁煙治療薬は、禁煙成功率44%と紹介されているチャンピックスと言う最新の薬で、色々と調べて知れば知る程自信を持って禁煙に挑戦出来ると確信しました。
チャンピックスに魅力を感じる理由で最大の物は、薬のノーベル賞と言われるガリアン賞を2007年に受賞した実績です。
まさに世界が認めた禁煙治療薬と言う事で、安心して試す事が出来ます。
さらに魅力的なのが、斬新な2つの作用と言えますが、その作用を紹介しますと、ニコチンパッチやニコチンガムなどのニコチン代替法の様に徐々にニコチンを減らして慣らしていく方法ではなく、チャンピックスの主成分が、ニコチンの代わりに受容体と結合して、ほんのわずかなドーパミンを放出する事で、ニコチン依存の症状を全く経験する事なくニコチンを体から抜いていくのです。
ニコチン依存によるイライラがない為に、精神的に禁煙を失敗する確率が減る上に、ニコチンの代わりに受動体と結合する為に、もし仮にタバコを吸ってしまったとしても、すでに脳はニコチンで満たされた気分になっているので、本当のニコチンが入って来ても受け付ける事ありません。
受け付ける事がないのを、脳はどう感じるかと言うと、マズいと感じるのです。
この薬は服用後最初の一週間は、自由にタバコを吸っていい事になっているのですが、その理由は8日目からの完全禁煙への助走でもありますし、大抵の人は最初の一週間で実際にタバコをマズいと感じていると紹介されています。
禁煙は最初の一週間が肝心とよく聞きますが、その一週間でタバコ自体をマズいと感じるようになり、ニコチンを代替えで騙しながら徐々に減らしていく治療法とは根本的に違うので、代替え法による禁煙成功率とは比べ物にならない程の高い禁煙成功率を誇っているのです。
さてそんな理想的な禁煙治療薬ですが、最近ではテレビやラジオでも紹介している禁煙外来と言う病院でも処方されますし、個人輸入代行のサイトでも購入する事が出来ます。
禁煙外来に通院すれば、医者からのアドバイスなど精神面でも支えてもらえますし、行く時間がない方には代行サイトなどの利用もお勧めです。
私もこれを機会に、チャンピックスで完全禁煙を成功させます。

Comments are closed.