禁煙を効率よくしたいのならチャンピックス

チャンピックスは禁煙治療の薬で、基本的には12週間かけて治療をしていきます。
禁煙にあたり知っておいて欲しいこと、それがタバコを吸いたくなる仕組みです。
まずタバコにはニコチンが含まれていて、それが脳のニコチン受容体と結合するとドーパミンという快感物質が放出されます。
そしてニコチン切れが起こるたびにイライラしたりするようになり、ずっとタバコを吸っていたくなってしまうのです。
しかしチャンピックスの場合、ニコチンの代わり受容体に結合する性質を持っているので、タバコを吸わなくてもよくなります。
また、どうしてもタバコの誘惑に負け、禁煙中にも関わらずタバコに手を出してしまっても、おいしいと感じにくくする作用もあるので、安心です。
服用の仕方には少しばかりルールがあります。
基本的には禁煙を開始したい日の1週間前に服用をしてください。
そして服用してから8日が経ったら禁煙を開始するのですが、もしもそれまでに自然とタバコを吸いたくなくなったら、禁煙を開始しても構いません。
1日目から3日目までは、0.5mg錠を1日に1回食後に飲みます。
朝食後でもいいですし、昼食後や夕食の後などでも大丈夫なので、飲みやすい時間を選びましょう。
4日目から7日目は0.5mg錠を1日2回飲み、8日目からは1mg錠を1日2回にと量を増やしていきます。
飲むときは水か、ぬるま湯にしてくださいね。
禁煙期間中、続けられるかどうか、不安になることもあるはずです。
特にタバコの誘惑が起こりやすいのが、お酒の席になります。
付き合いであれば、どうしても断れないことだってあるでしょう。
そんなときは氷を口の中で転がしたり、ノンアルコールドリンクで対応するのがおすすめです。
無理をすると何事も続かないので、できるだけリラックスして、ゆったりした気持ちで過ごしてください。
禁煙を始めると、タバコは処分してしまう人は多いですが、灰皿は処分しないで戸棚などにしまっておく人がいますが、思い切って灰皿も処分することをおすすめします。
ダイエットをするときは、お菓子は買わないですし、お菓子は置いていたら食べたくなりますよね。
それと同じで、灰皿が目につくところにあると、吸いたくなってしまうのです。
あと、タバコの話題も避けてもらうように、周囲の人にも頼んでおくといいかもしれません。
いま禁煙治療中なんですと、伝えておくことでそれなりの配慮は期待できるでしょうし、経験者の人がいればアドバイスを聞くことができるでしょう。
それでも、どうしても吸いたくなった場合は、タバコではなくガムや飴などを食べることをおすすめします。
ただガムや飴はカロリーがあるので、出来るだけカロリーが低めのものを選んでください。
最近のガムはフルーティーなものから、メントール系のものまであります。
そして飴も同様にたくさんの味があるので、支えになってくれることでしょう。
禁煙したいのなら、ぜひチャンピックスを使ってほしいです。

Comments are closed.